ラブグラえっち
閉じる

男性が気持ちいい体位4選と動き方や固定のコツ

男性が気持ちいいエッチってどうやるの?【彼に喜んでもらえるエッチテク】

こんにちは! いろんな体位を試すのも好きだけど、やっぱりバックと顔を見れる体位に燃える管理人のまりぺこりんです♪♪

興味はあるけど恥ずかしい、彼が好きだから付き合ってあげるけど嫌いな体位ってあると思います。

男性はどうしてこんな体位が好きなの?どういうところが気持ち良いの?という疑問を見かけたので、その疑問にお答えします。

男性が気持ちいい体位

男性が気持ちいい体位

女性も体位によって感じ方が違うように、男性にも気持ちいい体位というものがあります。
男性って好きな体位になると張り切るよね、この体位って乗り気じゃないけど何で?

素朴な疑問を彼に聞いてもはぐらかされたり、ありきたりな答えしかくれなかったりモヤモヤしている人も多いのでは?

このページでは、男性が気持ちいいと感じる4つの体位について解説していきます。

騎乗位:遅漏との相性◎

騎乗位

騎乗位は寝ている男性に女性が乗る体位ですね。
男性にはイキやすい体位と言われています。

ちなみに、遅漏の人もイキやすくなるらしいですよ…。
Mっ気の強い男性が好むのも騎乗位と言われていますよ。

騎乗位のコツ

騎乗位は上下にピストンすることを意識して下さい。

膝を曲げ座り込むように挿入し、腰を上下に動かすのです。
この時に、ペニスが抜けないようにする、バランスを保つようにして下さい。

慣れてきたら上半身を倒し、覆いかぶさるようにして動いてみましょう。
腰を浮かせるイメージでお尻を持ち上げてピストンすることができます。

対面座位:甘えん坊な彼と相性◎

座位

対面座位は座った状態で向かい合って挿入する体位です。
顔が近く、女性の重さで奥まで挿入できる気がするという男性が多いです。

対面座位が好きな男性は、ちょっと甘えん坊だったり男性側のメリットが大きかったりします。
例を挙げると、

・目の前で揺れるおっぱい
・お尻をモミモミして気持ちいい
・キスでちゅっちゅできる
・短くて抜けやすいから体勢が楽
・腕を回してしがみつく女性に興奮

こういうところが好きなんですね…(笑)

動きにくいと感じる人もいるようですが、抱き合いながら挿入できるのがオススメポイントです。
ロマンチックでお互いの顔を見ながら、じっくり気持ちよさを高めていきたい人にも人気の体位です。

対面座位のコツ

対面座位は姿勢を安定させましょう。

女性が動くには膝を立てると安定します。
距離を近づける時は、男性の後ろに足を回すと固定されます。

女性はしっかりと男性に乗って下さい。
重心が下がるので奥まで挿入できます。

さらに女性が腰を前後に動かすとクリトリスを擦ることができます。
また、Gスポットにペニスを当てることもできるので、女性も動くのがオススメです。

正常位:体力自慢な彼と相性◎

正常位

正常位は仰向けに寝ている女性に挿入する定番の体位です。
男性は好きに動くことができ、女性を体を見下ろせる形になります。

主に男性が腰を振るので凄く疲れるのですが、体力自慢で早漏でなければメリットも大きい体位です。
何ラウンドもしたいセックス好きの男性には人気の体位といっても良いでしょう。

男性からはお互いの顔が見えつつ、自分のイキ顔は彼女の肩に顔を埋める事で隠せるから照れ屋の男性も充分励むことができます。(笑)
身長差があったり挿入角度も変えやすいので、いろんなセックスの体位の中で動きやすくもあります。

正常位の場合はシチュエーションを変えることで楽しむこともできますよ。
むっつりスケベな人が正常位を好むとも言われています。

正常位のコツ

正常位のコツは脚をしっかりと開くことです。
男性がスムーズに挿入し、動きやすくなります。

正常位では、下から突き上げるように動きましょう。
あくまでも男性の動きに合わせて下さいね。

正常位は女性が男性の身体を触りやすいのでたくさん触ってあげてください。
男性の背中を脚で交差するように包み込むだいしゅきホールドも、喜んでくれるはずです。

バック:ちょいSな彼と相性◎

バック

バックは女性の背後から挿入する体位です。
バックにも、女性が四つん這いになる寝バックやお互い立ったままする立ちバックなど様々なものがあります。

寝てようが立ってようが、男性からは女性を後ろからガツガツ攻めてる感が強いので見た目も支配欲も刺激されて大興奮します。
お風呂、トイレ、キッチン、玄関など、いろんな場所でがっつくことができるので、シチュエーション的にもお互い燃える体位ですね。

女性の膣の中にあるGスポットを突きやすい体位ですし、足を絡めて女性が逃げにくいよう腰も固定できるのも人気の理由です。
バックは後ろから突かれるため喘ぎ声が漏れやすく、腰を打ち付ける時に出る脚とお尻のパンパンッという音も興奮材料になっています。

女性も背徳的な気分を味わえ、視覚が制限されて音と挿入される感覚に限定されるので快感を得られやすい体位でもあります。
ちょいSな男性がバックを好むとも言われています。

バックのコツ

バックの時は痛みを感じないよう足を少し閉じるようにして下さい。
前後左右に女性も動きやすいので、タイミングを見て動いてみましょう。

寝バックでは、足を持ち上げたり腰を浮かせることで動きやすくなります。
自分の気持ちいいポイントに当たるように動いてみて下さい。

立ちバックのポイント
女性は壁側に寄りかかって辛くない体勢を保ちましょう。
お尻を突き出し、片足は持ち上げてもらいましょう。
(女性は立ちっぱなしだと腰と足への負担が大きいし痛めます。)

寝バックのポイント
女性はうつ伏せで寝転がって腰を少し浮かせてお尻を突き出し、男性が覆いかぶさって挿入しやすいように体勢を整えてあげましょう。

男性のペニスが短かいと抜けやすくなるので、立ちバックよりも寝バックが良いでしょう。
寝バックでも激しいと抜けやすいので、女性の腰の下にクッションを置いてお尻がキュッと上がる感じに固定してください。

男性が気持ちい体位のまとめ

いかがでしたか?
男性が気持ちいと感じる体位は、女性から見ても楽な姿勢が多く人気の体位だと思います。

男性と女性、どちらも体勢だったりペニスや膣の角度から見ると、この体位じゃなきゃダメなこともあります。
もしも彼が決まった体位じゃないと嫌がったりするのなら、男性視点からみたメリットとデメリットを考えてみてあげてください。

彼が対面座位、騎乗位、正常位を好むならフェチ的な理由やあなたの顔をじっくり見たいのかもしれません。
バックが好みの彼なら、ちょっとSで支配欲が強いのかもしれませんし、ペニスに自信がないのかもしれません。

彼が好む体位と、あなたを見つめる視線や手の動きを観察してみると、彼があなたのドコに感じて性的な魅力を感じているのか。
あなたがどう動けば彼は喜んでくれるのかが、分かるはずです。

TOPへ
戻る