ラブグラえっち
閉じる

男性が気持ちいいセックスってどうやるの?元ソープ嬢が教える男性が気持ちいいテクニック

男性が気持ちいいセックスってどうやるの?元ソープ嬢が教える男性が気持ちいいテクニック

こんにちは♪えっち大好き当サイト管理人のまりぺこりんです♪♪
セックスするなら自分も気持ちいいのがいいですが、男性にも気持ちよくなってもらいたいですよね!
管理人は男性が気持ちよくなっている顔を見るのがすっごく好きなんです。(笑)
皆さんはどのように男性を気持ちよくさせていますか?

ここでは、男性が気持ちいいセックスってどうやるの?元ソープ嬢が教える男性が気持ちいいテクニックについて詳しく紹介しちゃいます!

元ソープ嬢の管理人が教える男性が喜ぶフェラチオ

元ソープ嬢の管理人が教える男性が喜ぶフェラチオ

やはり、男性が喜ぶ顔が見やすいのはフェラチオです。
もちろん、男性のペニスを口に含むため、抵抗があるという女性もいるかもしれませんが、フェラチオすると男性は喜びますよ!

では、元ソープ嬢の管理人が教える男性が喜ぶフェラチオを解説していきます。

フェラが上手い女の3つの条件

フェラが上手い女の3つの条件<

フェラが上手い女の3つの条件

  • 唾液量
  • フェラの種類
  • 寸止め技術

これが鉄則と思っています。

上手いフェラって何なの?と思う人はたくさんいます。
実際に管理人もそう思ってました。
そもそも基準なんて個人差じゃんと…
でも上手いフェラができるようになるためには、目標を立てることが大事です。

何事も目標に向かって頑張ると思いますが、フェラも同じですよ!
まずはこの3つの条件をクリアできるようになりましょう。

実際に一つずつ掘り下げていきましょう!

口の中にたっぷりと仕込んだ「唾液量」

フェラする前にはたっぷりの唾液を口に含むことが大切です。
かっさかさのままフェラしても男性は痛いだけで、気持ちよくなれないのです。
女性も濡れてないのにいきなり下半身をいじられても痛いですよね?それと同じです。

できるだけ口の中の唾液を増やしてヌルヌルの状態にしておきましょう。
ヌルヌルしていると、女性側もフェラしやすいです。
唾液量を増やすためには、前もって水分補給しておく、ガムや飴を舐めることで増やすことができます。

もし、男性のペニスから我慢汁が出ない!という緊急事態には、レモンや梅干しのようなすっぱいものを思い浮かべる、口を閉じで舌を小刻みに左右に動かすなどすることで唾液を瞬時に溜めることができますよ。

ちなみに、唾液はペニスを加えたときに溢れちゃうくらいの量がちょうどいいです。

(2)多くの性感帯を刺激する、「フェラの種類」を巧みに操る

フェラってただペニスを咥えてストロークするだけじゃないんです。
ペニスにもたくさんの性感帯があるので、そこを刺激することを意識してみましょう。

咥えてストロークするがベースだとしたら、そこにプラスでいろいろなポイントを攻めていくのです!
ペニス自体に触れている面積が多ければ気持ちいいと感じてくれるようですが、刺激が一定だと慣れてしまうため気持ちよくならないのです。

例えば、裏スジを舐めてみる、ペニスにキスしてみるなどちょっとした刺激を与えるようにして下さい。
また、焦らすのも一つのテクニックです。
いきなり咥えるのではなく、ジワジワジワジワ攻めていき、やっと咥える。
焦らしがあることで刺激の慣れは防げます。

(3)男性がイキそうなタイミングがわかり、「寸止め」できる

最後になかなか上級者ですが、男性のイキそうなタイミングで寸止めできるということです。
寸止めできると、射精をコントロールすることができます。
射精をコントロールできると、男性にとっては快感時間が長くなるため、セックスの満足度が上昇するのです。

フェラをする時は、ほとんどの人が挿入前だと思います。
セックスでは挿入時の時間が長い方がいいですよね?
フェラで射精してしまうと、挿入できなかったりしてしまうので、寸止めできるようになりましょう。

ちなみに、イキそうなタイミングを見極めるコツとしては、玉が上がっているかです。
射精前は玉が上がっていることが多いので、フェラしながらチェックしてみて下さい。
見た目で判断できない場合もあるので、男性に事前に声をかけておくのも良いです。

フェラには3つの型がある

フェラには3つの型がある

さてフェラの条件は理解していただけたところで、次はフェラの型についてです!
実は、フェラには3つの型があります。

  • 前戯フェラ
  • ストロークフェラ
  • コンビネーションフェラ

これをいると徐々にハードルが上がってる気がしますよね。(笑)br でも大丈夫です!
これらの3つの型は上手に使い分けることで男性が喜ぶフェラになります。

この型を理解しておくことで、様々なフェラを使い分けることができますよ。

焦らしてカチカチにさせる前戯フェラ

見てわかる通り、前戯で行うフェラのことです。
前戯の場合には、じっくりと焦らしながら行うのがポイントです。

前戯に使えるテクニックとしては

  • 小鳥キス
  • 玉愛撫
  • 側面舐め
  • 裏スジ舐め
  • 亀頭トルネード舐め

の5種類があります。

小鳥キスでは、小鳥のようにチュッとペニス全体にキスしていきましょう。
優しく軽くキスをし、音を出すのがポイントです。
これから舐められるんだなと思ってもらうのが重要です。

玉愛撫では、玉をぺろぺろと舐めるて愛撫しましょう。
べっとりと行くというよりは、ペロッとしたり、舌の先端でツンツンしてみるのがポイントです。

側面舐めではまずペニスの側面を唇で挟み、舌先でペニスをペロペロします。
この時は、唇の力加減に変化をつけ、カリや亀頭は舐めないことがポイントです。

裏スジ舐めはその通りに裏スジを舐めましょう。
カリの近くにある溝の部分は男性の気持ちいいポイントですよ。

最後に、亀頭トルネード舐めですが亀頭の周辺をぐるっと回るように舐めます。
ディープキスをするようにして、舌の中心で舐めるようにすると、ペニスに触れている面積が広くなります。

オーソドックスなストロークフェラ

皆さんが思い浮かべるフェラと言えば、ストロークフェラですよね!
フェラの中でも、オーソドックスなもので、ペニスを咥えるフェラです。

ストロークフェラはペニスを咥えて前後にストロークします。
この時のポイントとしては、ペニスに対して唇の先を密着させることです。
適度に摩擦があることで気持ちよくなるようですよ!

ストロークフェラをしている時には、歯が当たらないように注意しましょう。
ペニスを口に入れる角度を平行にすることで歯が当たらなくなるため、できるだけ平行にして下さい。

ちなみに、裏スジをの部分を舌で左右に動かしてストロークフェラしてみるとより気持ちよくなりますよ。

手と口を使うコンビネーションフェラ

フェラ中は口だけでなく手も使っていきましょう。
有名なAV男優さんも言っていましたが、手は遊ばせておいてはだめなのです。
もう、すべてを使って男性を気持ちよくさせるようにしましょう。

フェラ中に手コキをする、玉を触るなどすると男性はより気持ちよくなりますよ。
ちなみに、両手と口を使って3点攻めするといいと言われています。
男性にも性感帯がそれぞれあると思いますが、乳首や前立腺なども気持ちいいポイントですよ。

コンビネーションフェラは、口だけでなく手も使ってフェラをしながら攻めていくという型です。

ベットで男性を悦ばせる女性の仕草

ベットで男性を悦ばせる女性の仕草

ベットで男性を悦ばせるためには、男の欲を満たすことが重要です。
そのための女性のできる仕草には様々なものがあります。

  • 性的独占欲
  • 性的承認欲求
  • 性的支配欲

これらの3つの男の欲を満たしてあげるようにしましょう。

では、ベットで男性を悦ばせる女性の仕草を紹介していきます。

突然積極的に攻める

いつものセックスは男性主体で行っていますか?
ほとんどの人が男性主体かと思いますが、突然積極的に攻めてみましょう。

毎回女性側から攻めているとただの欲求不満な子になってしまいますが、たまに積極的に攻めることで男性も悦びます。

敏感に感じる瞬間

自分が気持ちいいと感じるところを触ってもらった時はしっかりとリアクションを取りましょう。
特に敏感なポイントに当たった時は、大げさに反応してあげることで男性も悦びます。
ここが気持ちいいんだよと男性に教えるように感じることで男性も、更に攻めてやろう!という気持ちになります。

ですが、あまりにも大げさすぎるリアクションをすると嘘のようになってしまうので、あくまでも自然な感じにしましょう。
また、自分の特に敏感なポイントだけ大げさなリアクションにするようにして下さいね。
全部やってしまうと男性が引いてしまいます。(笑)

恥ずかしがる

恥じらいがない女性はつまらないです!
あくまで、管理人の勝手な主観ですが…

男性は恥じらいのある女性が好きです。
恥ずかしがられると更に攻めたくなります。
小学生の時に、好きな子ほどいじめてしまう男子がいませんでしたか?
同じような原理なのです。

羞恥心は捨てないようにして下さい。
服を脱がされるときも、はいどうぞ!と待ち構えるのではなく、少しだけ躊躇してみましょう。
何回も裸を見られているからとしても、ちょっとは恥ずかしがるようにしましょう。

男性の心をくすぐることができますよ。

ダイシュキホールド

ダイシュキホールドとは、挿入時に女性が男性の腰に足を絡めてペニスが抜けないように固定することです。
最初なんのことだか分からない単語ですよね。(笑)

女性がその人に対しての想いが強かったり、中だしでの快感を求めるために行っているかもしれませんが、実は男性が悦ぶ行為でもあるのです。
腰が女性の足でロックされているため、必然的に膣の中で射精しなければならない状態です。
また、女性が自分から抱き着いてくれるので性的承認欲求が満たされます。

男性も女性もそうですが、求められて嫌だということはあまりないですよね?
男性も女性に求められていることで悦びます。

おねだり

セックスに遠慮はだめです!
本当に○○して!と言われる方が男性は悦びます。

たまには可愛く上目遣いでおねだりしてみましょう。
ぎゅっとして、キスしてなどの簡単なもので大丈夫ですよ。
だた、おねだりすることで男性は悦ぶのです。

自分から腰を動かす

ちょっとハードルが高いようですが、自分から腰を動かすことも大切です。
腰を動かすってどうするの?!と思う方もいるかもしれませんが、実はそんなに難しいことじゃないんですよ。
自分が気持ちいいところに当たるようにして腰を動かせばいいのです。
また、もっと触ってほしいなと思った時には、男性が触れている手や腰などに自分の腰をくっつけるようにして動かせばいいのです。
女性が自分から腰を動かしてくれるのも男性は悦びますよ。

もし、挿入時でも自分で腰を動かせると思ったら、男性の動きに合わせるようにして腰を動かすようにしましょう。
タイミングが合わないと難しいのでいきなりガンガン動かすのではなく、まずはゆっくりと始めてみましょう。
慣れてきて男性に合わせられるようになったら、自分がしっかりと動いても大丈夫ですよ。

感じるている際に手をつなぐ

セックス中感じている時には手をつなぐようにしましょう。
これは、挿入時だけではありません、キスや前戯の時もです。

感じている時に手をつなぐことで、女性側が感じているということを手から男性が感じることができます。
特に敏感なところを触られた時には手を握り締めてしまうのではないでしょうか?
強く握られることで男性も感じているんだなと思うことができますし、何よりも自分がしたことで感じてくれているということに悦びます。

また、手をつなぐことでよりぬくもりを感じることもできます。
挿入時には手をつないでいると更に一体感があっていいかもしれません。

困ったような表情で見つめる

男性は女性の困り顔が好物です。(笑)br セックス中に困っている顔を見ると女性を支配しているような気分になるそうですよ。

例えば、敏感なところを攻められていて、ちょっと困った顔でイヤと言ってみて下さい。
男性はイヤと言われているけれど、ほんとはそこがいいんだろとなり女性を支配した気分になるのです。
この場合は女性もイヤと言いながら本気で嫌がることはないと思いますが…(笑)

性的支配欲だけでなく、女性への性的独占欲も満たされるため非常に良いとされています。
男性に支配されるのが嫌、自分がマウントをとりたいという女性にはちょっと難しいかもしれませんが、たまに困ったような表情で見つめてみましょう。
男性がとっても悦びますよ。

男性が気持ちいい体位

男性が気持ちいい体位

さて、ここまでは挿入する前段階でのテクニックを紹介してみましたが、挿入してからはどうでしょうか。
女性も体位によって感じ方が違うように、男性にも気持ちいい体位というものがあります。

では、ここからは男性が気持ちいい体位について見ていきたいと思います。

騎乗位

騎乗位は寝ている男性の上に女性が乗っている体位です。

騎乗位は男性がイキやすい体位とも言われています。
遅漏の人であっても早くイってしまうしまうのだとか…(笑)

騎乗位を好む男性には、M気質な人が多いとも言われています。
理由としては、女性にリードされたい、女性に支配されたい、女性に支持されたいなどといった受け身の人が多いようです。

騎乗位コツ

騎乗位がまだ慣れていないという人は、上下にゆっくりとピストンすることから始めましょう。
膝を曲げた状態で男性の上に座り込み挿入したら、そのまま腰を上げたり下げたりしましょう。
最初はゆっくりで大丈夫でなので、焦らずにバランスをきちんととり、ペニスが抜けないように注意して下さい。
慣れてきたらそのまま上半身を倒して完全に覆いかぶさるようにして腰を動かしてみましょう。
この時はお尻を持ち上げたり下げたりすることでピストンすることができますよ。

対面座位

対面座位は座った状態で向かい合って挿入する体位です。

男性側は向かい合っていることで顔が近くていいという人や、女性が上に乗っていることで体重によって膣の奥まで挿入できている気がするようです。
だた、少し動きにくいという人もいますね。

対面座位を好む男性には、ロマンチックな甘えん坊な人が多いとも言われています。
ずっと抱き合って見つめ合うことができるので、女性の全てを感じたいという人が多いようです。

対面座位コツ

対面座位のコツはまず体制を安定させることです。
女性が自由に動きたいのであれば膝を立てることで安定します。
ぎゅっと男性と近づきたいのであれば足を男性の後ろに回してダイシュキホールドのように固定してもいいでしょう。

対面座位では深く腰掛けることが重要です。
また、腰を上下にするだけでなく、前後に動かすことでクリトリスが擦れたり、Gスポットにペニスを当てることができて女性も気持ちよくなります。

正常位

正常位は寝ている女性に挿入する体位で、一番ノーマルな体位とされています。

正常位はノーマルですが、男性が好きなように動けるので良いそうです。
女性を見下ろしているので、女性を支配している感じもあるので、いいと言う人が多いようです。

正常位を好む男性には、むっつりスケベが多いと言われています。
また、いろんなプレイをしてきた結果、やっぱりノーマルなものがいいと落ち着いたという人もいるようです、
中には、自信家や自己中心的な人が多いといったイメージもあるようです。

正常位コツ

正常位の時にはできるだけ脚を開いてあげるようにしましょう。
男性側がスムーズに挿入するためにはしっかりと開いてあげることが重要です。

また、正常位だからと言って何もしないのは良くないので、下らか突き上げるように動くようにしましょう。
この時には男性のピストンを邪魔しないようにタイミングやペースを合わせるようにして下さい。

また、正常位だからこそたくさん男性の体を触ることができます。
触られているのが好きという人も多いので、たくさん触ってあげましょう。

バック

バックは女性の背後から挿入する体位で、寝バックや立ちバックなど様々なものがあります。

バックを好む男性にはドSではなく、ちょいSな人が多いとされています。
女性の顔を見ることがない体位となるため、あまり自信がない人も好むとされています。
実際にいじめがいがあるからといってバックを選ぶ人はあまりいないようですね。

バックコツ

バックの時には痛いと感じてしまう女性もいるようですが、その時は足を少し閉じるようにして下さい。
また、バックは女性の動かしやすい体位の一つです。
前後上下に動かして自分の気持ちいいところに擦り付けるのもいいと思います。

寝バックの時には足を持ち上げてあげると男性が動きやすくなります。
また、ちょっとだけ腰を浮かせてみると動きやすくなりますよ。

テクニックのまとめ

どうだったでしょうか?
元ソープ嬢の管理人まりぺこりんが教えるテクニックは!!

元ソープ嬢だからといってあまり高度なことはしていません。
どれも女性の無理のない範囲ですし、初めてという方でも抵抗がなければできるようなテクニックを紹介してきました。
ぜひ、この記事で書いたテクニックを使って男性を悦ばせてみて下さい!

TOPへ
戻る