ラブグラえっち
閉じる

できる女性はお守り代わりにアフターピル

できる女性はお守り代わりにアフターピル

こんにちは♪えっち大好き当サイト管理人のまりぺこりんです♪♪
今女性の中でもアフターピルをお守り代わりとして持っている人がいます。
特に、できる女性はお守り代わりにアフターピルを持っていますよ!

病院で処方してもらうと、とても高額となるアフターピル。
通販を利用することで、安く購入することができます。
ここでは、できる女性はお守り代わりにアフターピルと題して、アフターピルについて詳しく解説していきたいと思います。

できる女性は通販で安く賢くお守り代わりにアフターピルよ!

アフターピルの価格

アフターピルの価格
薬代 診察料
クリニックで処方された場合 8,000~15,000円 3,000~5,000円
通販で購入した場合 1,000円ほど なし

病院で処方されているアフターピルは、ノルレボ錠というものです。
1錠あたり、15,000円ほどで処方されています。

アフターピルは、自由診療となるため医療保健が適応されません
そのため、治療費だけでなく薬代も高くなってしまいます。

通販で購入する場合には、病院の処方よりも安く購入することができます。
管理人は、お薬なびでナイピルを購入しています。
それを参考にすると、ナイピルは1錠あたり596円から販売されています。

病院の1/25ほどの値段で購入することができるのです。
ナイピルは日本未承認ですが、病院で処方されているノルレボのジェネリックになります。

アフターピルは産婦人科で処方してもらうことができるよ!

アフターピルを病院で処方

アフターピルを病院で処方してもらうと、医療保険が適応されないため、高額となります。
自由診療扱いとなっているためです。
そのため、薬代や診察料を病院が自由に設定することができるようになっています。

診察費自体はそこまで高くなりませんが、初診の場合には診察費以外にも初診料がかかります。
また、薬代も1錠が約15,000円ほどとなるためかなり痛い出費となってしまいます。

この後に詳しく説明しますが、アフターピルの効果は時間との勝負になります。
病院が空いている時間に行くとなると、仕事や病院を休まなければならないということもあります。

日本では自由診療で高額な薬代がかかるわ

アフターピルを通販で購入

アフターピルは通販でも購入することができますが、病院と比較してみると、かなりの価格の差があります。
通販では、診察や処方せんが不要となるため、安く購入することができます。

まず、日本の病院で処方されているアフターピルは、先発薬のノルレボ錠です。
通販では、先発薬のノルレボ以外にも、ノルレボのジェネリックも販売されています。

ジェネリックは病院処方のものでも先発薬より安い価格で購入することができますが、通販だと更に安く購入することができるのです。
通販を利用することで、ほとんどのアフターピルが1,000円以内で購入することができます。

海外では市販薬として売っている国もあるのよ!

通販で購入できるアフターピル

通販で購入できるアフターピル

通販では様々な種類のアフターピルがあります。
アフターピルといっても、一つではないんですよ!

通販では、日本で処方されていないジェネリックも販売されています。
海外では一般的に販売されている薬ばかりです。

画像 ノルレボ ナイピル アイピル アンウォンテッド72
商品名 ノルレボ ナイピル アイピル アンウォンテッド72
メーカー HRA Pharma レクメズ Piramal Healthcare マンカインドファーマ
1錠当たりの価格 3,320円 745円 1,200円 1,420円
特徴 先発薬 日本人監修で高品質 ノルレボジェネリックとして有名 小さい錠剤が飲みやすい
ノルレボを購入する ナイピルを購入する アイピルを購入する アンウォンテッド72を購入する

※1錠あたりの価格は小ロットでの販売価格から参考にしています。
まとめ買いするとその分1錠あたりの価格も低くなります。

アフターピルを通販で購入する方法と注意

アフターピルを通販で購入する方法と注意

アフターピルを通販で購入したいけど、分からない。
注意点とかないの?
という人のためにも、アフターピルの通販について解説します。

では、アフターピルを通販で購入する方法と注意点について見ていきましょう。

個人輸入で通販

アフターピルを通販する場合には、医薬品の個人輸入を行うことになります。
Amazonや楽天などの一般的な通販サイトでは購入することができないので、注意して下さい。

医薬品の個人輸入とは、海外の医薬品を自分が使うために輸入することです。
日本では薬機法によって認められている個人輸入ですが、いくつかのルールがあります。

自分が使用するためにだけ購入することができるため、人にあげたり、売ったりすることができない
一度に購入できる量が決まっているなどがあります。

個人輸入する時には、個人輸入代行サイトを利用することで簡単に通販することができます。
管理人はお薬なびという代行サイトを使っていますよ!

管理人がお薬なびを使っている理由はこちらから
お薬なびは安心なサイト?

お薬なびのような個人輸入代行サイトで買えるのよ!

通販でアフターピルを購入するメリット

通販でアフターピルを購入
    通販するメリット
  • 安く購入できる
  • 病院に行かなくていい
  • 誰にも会わない
  • 時間がかからない

まずは、安く購入できるということです。
病院に行くとどうしても1錠だけなのに高い金額を払うことになりますが、通販の場合には病院の1/25ほどの金額で購入できます。

また、通販の場合にはネットでポチっとすれば注文することができるので、病院に行く必要がありません
個人輸入では、処方せんもいりません。

病院に行かなくてもいいということは時間もかからないし、誰かに会ってしまうということもありません。
産婦人科に通ってたなんて知られたくない、仕事が忙しくて病院に行く時間がないという人には通販の方がオススメです。

時間がかからず誰にも知られず、安く買えるのが通販

個人輸入でアフターピルを購入するデメリット

    通販するデメリット
  • 届くまでに時間がかかる
  • 悪質な業者がいる

個人輸入でアフターピルを購入すると注文から手元に届くまでに時間がかかるというデメリットがあります。
海外からの発送となっているので、どうしても時間がかかるのです。

明日までに欲しい!と思っても手に届きません。
お守り代わりのように常に予備を持っておくようにして下さい。

また、個人輸入の代行サイトには悪質な業者がいるというのも事実です。
そのようなサイトで購入しないようにして下さい。

すぐには届かないからストックしておくといいわ

安心できる個人輸入代行サイトは

管理人が安心できる個人輸入代行サイトはお薬なびです。
もともとラブグラ購入しているのもありますし、ナイピルを使っていて一度も避妊に失敗したことがありません。
薬の効果も問題ないし、サイト自体も使っていて問題があったことはありません。

アフターピルの効果

アフターピルの有効成分にはレボノルゲストレルが含まれています。
詳しい作用機序は明らかになっていませんが、排卵を抑える、着床を防ぐ、排卵を遅らせるといった効果があることから避妊できるとされています。

レボノルゲストレルというのは女性ホルモンである、黄体ホルモンとなります。
女性の排卵はホルモンのバランスが整っていることで起こります。
このホルモンバランスを意図的に調節し、妊娠が起こらないような体へと変化させる効果があるのです。

アフターピルは基本的に避妊に失敗してしまった後72時間以内に飲まなければ効果がありません。
ですが、できるだけ早く飲むことで高い避妊効果があります。

12時間以内で99.5%、24時間以内で98.2%、72時間以内で84%となります。
早く飲めばそれだけ高い確率で妊娠を防ぐことができます。

アフターピルは高い避妊効果がある

アフターピルの副作用

    主な副作用
  • 頭痛
  • 傾眠
  • 消退出血
  • 悪心
  • 不正子宮出血
  • けん怠感
  • 貧血
  • めまい
  • 口渇

中でも多いとされているのが頭痛や悪心です。

管理人がアフターピルを飲んだ時も、一日中頭痛がありました。
また、気持ち悪くなってムカムカするといった症状もあって、ごはんが食べれませんでした。
気持ち悪くなるということは多いようで、病院では吐き気止めを一緒に処方しているところもあるようです。

アフターピルの副作用が強い時には、無理をせずに頭痛薬や吐き気止めなどを使うようにして下さい。
嘔吐してしまうと、アフターピルの効果がなくなってしまうこともあります。

副作用が出やすいけど、無理せずに薬を使って!

アフターピルの飲み方

飲み方
    基本的な飲み方
  • 避妊失敗後72時間以内
  • 1回1.5mg
  • 早く飲むことで高い避妊率
  • 2時間以内の嘔吐は注意

アフターピルは避妊に失敗した後、できるだけ早く飲んで下さい。
72時間以内であれば効果があるとされていますが、早く飲むことで高い確率で避妊することができます。
1回に1.5mg、1錠を水かぬるま湯で飲むようにして下さい。

アフターピルを飲んだ後2時間以内に嘔吐してしまうと、正しく避妊できないことがあります。
これは、薬の成分が身体に吸収されていないうちに嘔吐してしまうからです。
2時間以内に嘔吐してしまった場合には、もう一度飲むようにして下さい。

避妊に失敗したらできるだけ早く飲む!

アフターピルと低用量ピルの違い

アフターピルと低用量ピルの違いは、一時的な避妊か、継続した避妊かという効果の違いです。

アフターピルは緊急避妊薬とも言われており、一時的に避妊に失敗してしまった場合に使う薬です。
しかし、低用量ピルは長期間に渡る避妊効果を発揮させるための薬です。

その他にも、アフターピルには黄体ホルモンが高用量含まれていますが、低用量ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンが低用量含まれています。
アフターピルは一回飲むことで効果がありますが、低用量ピルは毎日飲むことで効果を発揮します。

アフターピルはあくまでも緊急に使用するもので、常用するものではありません
低用量ピルは普段から継続して飲んでいることで避妊効果だけでなく、生理周期を安定させたり、生理痛を軽減させることができます。

アフターピルはあくまでも緊急時用!長い避妊効果は低用量ピルで

アフターピルに頼らない避妊方法

避妊方法

まず、アフターピルは最終手段であるということを一番に理解しておいて下さい。
できれば、アフターピルは使わないほうがいいのです。
避妊さえしっかりしておけばアフターピルはいりません。

ここからは、アフターピルに頼らない避妊方法を紹介していきます。

避妊具を使う

まずは、避妊具です。
日本でも一般的な避妊方法の一つとしてコンドームがあります。
日本ではコンビニエンスストアなどでも販売されており、手軽な値段となるため一番利用されている避妊方法です。

コンドームは正しく使用することで86%の避妊率があります。
しかし、コンドームを利用している人が避妊に失敗することが多いのが現状です。
使い方を間違っていたり、途中で破けてしまったりすることで妊娠してしまうこともあります。

コンドームは男性が着用する避妊具ですが、女性が使うことのできる避妊具もあります。
肌に貼っておくことで避妊効果がある避妊パッチがあります。
見えにくいところに貼ることもでき、一度貼ると3週間ほど効果があります。

コンドームは一番使われている避妊法ね

低用量ピル

低用量ピル

低用量ピルは女性ができる避妊法です。
毎日一定量の女性ホルモンが入っている薬を飲み続けることで妊娠を防ぐことができます。
正しく使用していれば高い避妊効果があり、低用量ピルを用いた避妊による失敗率は0.3%ほどです。

低用量ピルは避妊だけでなく、生理周期の安定や生理痛の軽減にも効果があります。
現在では、避妊のために飲んでいるという人だけでなく、生理痛の軽減を図るために飲んでいるという人も多いです。

低用量ピルは飲み忘れてしまうと避妊効果がなくなってしまうので、毎日必ず飲むようにして下さい。

女性が積極的にできる避妊法!生理痛の軽減にも効果があるわ

リズム法

リズム法というのは、女性の生理周期に合わせて妊娠しにくい時にセックスをし、妊娠を防ぐという方法です。
まず、女性が基礎体温を測ることで排卵日を予測し、そこから生理までの期間も予測し、実際に生理周期を理解しなければなりません。
リズム法は避妊法としてはあまりオススメできず、避妊の失敗率も高いです。

リズム法と避妊具を併用することで高い確率で避妊することができます。
あくまでもリズム法は妊娠しにくい日にセックスしているだけであり、女性の体はホルモンバランスが変動しやすいため、確実に避妊できるとは言えませんので、注意して下さい。

リズム法は妊活でも用いられているわね

子宮内避妊用具

子宮内避妊用具はIUSやIUDといったものがあります。
これらは子宮内に直接器具を入れることで避妊効果があるとされています。

一度装着すると2年から5年ほど効果が持続され、避妊効果は低用量ピルと同じくらいとされています。
女性が自分で行える避妊方法の一つともなります。

子宮に入れる器具からは、ホルモンが放出される、銅イオンが放出されることで妊娠がしにくくなります。
産婦人科で挿入してもらう必要があり、年に一度検診を受ける必要もあります。

一度で長く避妊効果が続く避妊法よ

避妊手術

避妊手術は女性も男性も行うことができます。
女性の場合には卵子と精子が出会うことができないように、卵管を縛ることで受精を防ぎます。
これには手術が必要となり、入院が必要ともなります。

特に女性の場合には、一度この手術をしてしまうと、元に戻すことが難しくなっています。
この先絶対に妊娠したくない、もう子供がいるからいいという方には向いていますが、今後妊娠の予定がある方は手術しないほうが良いです。

男性の場合には、精子が放出されないようにパイプカットという手術を行います。
この場合も手術が必要となりますが、日帰りで行うことができます。
また、男性は元に戻そうと思った時に戻すことができます。

避妊失敗率は女性が0.5%男性が0.10%と高い確率になっています。

妊娠を望まない人には有効な避妊方法ね

まとめ

まとめ

避妊方法にはいろいろあります。
しかし、妊娠をまだ望んでいないという人は確実に避妊できる方法を取ることをオススメします。

もしも、万が一避妊に失敗してしまったという時にはアフターピルを持っておくと安心です。
できれば今はまだ妊娠したくないという人は低用量ピルを利用して避妊を行うようにして下さい。

できる女性はお守り代わりにアフターピルを持っています。
上手に活用することで毎日をエンジョイしましょう!

TOPへ
戻る